はじめてのカードローン!初心者お助けナビ

はじめてのカードローン!初心者お助けナビ

カードローンを正しく理解しよう

お金に困った経験はありますか?

カードローンを正しく理解しよう

みなさんはこれまでお金に困ったという経験をお持ちでしょうか。 おそらくよほど恵まれた環境の方以外は、人生のなかで一度や二度は「今月は自由になるお金が少ないな」「口座の残高が不足していて光熱費の引き落としが…」といった経験をしたことがあるのではないでしょうか。

お金にまつわる悩みが生まれてしまう原因には、実にさまざまなものが考えられます。

お金にまつわる悩み

  • 冠婚葬祭による出費
  • 子供の教育費関係
  • 残業カット、失業などによる収入の不足
  • 病気やケガによる出費および収入減

ほんの一例をあげただけでも、これだけの原因があるのです。 ある程度は予測して備えておくことが可能なものもありますが、予測が不可能で突然の出費を強いられてしまうケースも決して少なくありません。 そんな時、急場をしのぐための手段として利用を検討したいのがカードローンです。

カードローンの利用するということ

カードローンという言葉を耳にした時、あまりよい印象を持たれる方はいないかもしれません。 特にこれまでカードローン等の利用を経験したことがない方にとっては、「カードローン=借金=怖い」という印象を持っている方も少なくないはずです。 もちろんその認識は100%間違っているとはいえません。カードローンが借金であることは事実ですし、借金が怖いものだという考えも、あながち外れてはいないでしょう。 しかし厳密には少しだけ違います。 「借金=怖い」ではなく「支払い困難になること=怖い」というのが正しい考え方なのです。

カードローンを利用してお金を借り入れた場合、当然その後は毎月決まった金額を支払っていかなければならないわけですが、いくらかの利息は掛かってしまうものの、この段階では特に怖くはないはずです。 支払いが困難になり延滞などを起こしてしまうと、ローン会社から督促の電話や郵便物が届くようになるため、初めて「怖い」と思うような状況になってしまうのではないでしょうか。 もっとも一般的に名前を知られているようなローン会社であれば、ドラマなどで見かけるような激しい督促をおこなうようなことはありませんので、その点についてはご安心ください。

カードローンは怖くない

つまり大切なのは毎月の支払い額を無理のない金額に設定するということです。それを踏まえたうえでの借り入れ額を自分できちんと計算してさえいれば、カードローンは決して怖いものではありません。

日本ではお金を借りることが絶対悪であるかのような風潮が度々見られますが、クレジットカード大国であるアメリカでは、小学生の時分から金融の仕組みについての教育がおこなわれており、借金が悪いことだと教えるのではなく上手に利用するための知識を与えているそうです。 カードローンについても同様で、ただ敬遠するのではなく上手に利用するための知識をきちんと得ていることが重要なのではないでしょうか。 お金にまつわる悩みはほうっておいても問題を先送りにするだけです。それが原因で心身に支障をきたしてしまうよりは、計画的なカードローン等の利用で悩みを解消するほうがよほど健全だとも言えるでしょう。

当サイトでは初めてカードローンの利用を考えているという方でも、安心して無理のない利用ができるような情報を多数掲載していますので、ぜひ参考になさってみてください。

© 2015 はじめてのカードローン!初心者お助けナビ All Rights Reserved.