銀行系と消費者金融の違いって何?

  1. HOME
  2. 銀行系と消費者金融の違いって何?

銀行系と消費者金融の違いって何?

借り入れの限度額等に大きな違いはない

銀行系と消費者金融の違いって何?

お金のことでお困りの際に、解決するための手段として多くの方が考えるのは消費者金融が提供するカードローンの利用です。 そして同様に検討されるもうひとつの存在が、銀行系のカードローンになります。 一部の銀行を除いて無担保で利用できるカードローンとしては、両者とも借り入れの限度額等に大きな違いはなく、利用方法も専用のカードを使って取り引きをおこなうなど、消費者金融と同様です。

では消費者金融と銀行系、それぞれのカードローンにはどのような違いがあるのでしょうか。 その主なものをいくつか紹介していきますので、カードローン選びの参考にして頂けると幸いです。

審査スピード

まずもっとも顕著に違いが表れるのが審査スピードです。 消費者金融では当日中に審査完了、さらに借り入れが可能になるというのが一般的で、早い業者では30分〜1時間程度ですべて完了するほどです。 それに対して銀行系のカードローンでは、スピード審査を実施しているところもありますが、翌営業日もしくは数日後に借り入れが可能になるというシステムのところがほとんどです。

審査の厳しさ

審査スピードと関連する部分でもあるのですが、一般的に消費者金融よりも銀行系のカードローンのほうが審査が厳しめであるケースが多いようです。

総量規制による影響

現在お金の借り入れをおこなう場合、総量規制という規則が定められており、年収の3分の1を超える借り入れはおこなえないことになっています。そのため他社での利用があり、すでに年収の3分の1の借り入れをおこなっている場合は、新規にカードローン等を申し込むことができません。 この総量規制は銀行系は対象外となっており、銀行系を利用する場合は上記の条件の方でも申し込みが可能です。 しかしその反面、借り過ぎを誘発してしまうおそれもありますので、じゅうぶんに注意しましょう。

以上が消費者金融と銀行系の主な違いです。 それぞれの特徴をよく把握して、自分に合ったものを利用するようにしましょう。

コチラのサイトで消費者金融と銀行カードローンの審査の通過率について言及されていたので紹介します。

© 2015 はじめてのカードローン!初心者お助けナビ All Rights Reserved.