支出を元に返済計画を立てる

  1. HOME
  2. 支出を元に返済計画を立てる

支出を元に返済計画を立てる

無理のない返済計画の立て方

支出を元に返済計画を立てる

カードローンは「無理のない返済計画を立てて」という言葉を至るところで耳にしますが、実際に無理のない返済計画とはどのようにして立てたらよいのでしょうか。 せっかく返済計画を立てていても、計画そのものが間違っていたり見通しが甘かったりしたのではまったく意味をなしません。ここでは返済計画を立てる際に押さえておきたいポイントを紹介しますので、ぜひ参考にして頂いて健全な借り入れをおこなってください。

支出を元にして計画を立てる

まず第一に実行して頂きたいのが、「支出を元にして計画を立てる」ということです。 よくやってしまうのが、収入を元に計画を立てることなのですが、これは避けましょう。 なぜなら仮に収入が100万円あったとしても支出が100万円あれば手元には1円も残らないからです。逆に収入が30万円だったとしても支出が10万円ならば手元には20万円のお金が残ることになります。 万一なんらかの事情によって収入が減ってしまった場合も、支出を元に計画を立てていれば返済計画が狂いにくくなるのです。

長期的なスパンで計画を立てる

次に気をつけたいのは「長期的なスパンで計画を立てる」ことです。 生活の中では予定していた支出以外にもさまざまな支出が発生します。毎月の光熱費や家賃などだけではなく突発的な支出のことも考慮して、特に予定がない場合でも冠婚葬祭などにそなえた予算を、ある程度は支出として計算に含めておくことをおすすめします。

毎月計画の見直しを実行する

さらに「毎月計画の見直しを実行する」ということも大切です。 前述したように予定外の出費をある程度計算していたとしても、支出というのはどうしても狂いが生じてくるものです。 毎月きちんと家計簿などをつけるようにして、狂いが生じてしまった場合は即座にそれを返済計画に反映することができるよう備えておきましょう。

© 2015 はじめてのカードローン!初心者お助けナビ All Rights Reserved.