低金利のカードローンへの借り換えを検討する

  1. HOME
  2. 低金利のカードローンへの借り換えを検討する

低金利のカードローンへの借り換えを検討する

金利面の不満を解消する

低金利のカードローンへの借り換えを検討する

カードローンを利用中の方のなかには、金利面で不満を感じておられる方も少なからずいらっしゃるでしょう。 急場を要する状況であったため熟考の余地がなく急いで借り入れを利用したけれど、いざ返済を開始して冷静に見てみると他にも条件のよいカードローンがいくつもあった、というのはよくあるケースです。

そんなときは低金利のカードローンへの借り換えを検討してみるのもひとつの手です。 借り換えとはどのようなものかといいますと、例えば金利年率18%の条件で100万円の借り入れを利用していたとします。しかし利用後に他社で金利年率10%のカードローンを見つけたとしましょう。 当然低金利のカードローンを利用したほうが得ですので、金利年率10%のカードローンから100万円の借り入れをおこない、そのお金でそのまま金利年率18%のカードローン、つまり現在利用中のカードローンを全額返済するのです。 これがいわゆる借り換えと呼ばれる方法です。

借り換えは金利分の支払い額が減りますので、月々の支払い額を減らしたり完済までの期間を短くしたりできるのがメリットとなります。 上記の例で100万円を5年(60回)払いに設定した場合、それぞれの金利は以下のようになります。

  • 金利年率18%:523,573円
  • 金利年率10%:274,781円

なんと5年で約25万円もの金利差が生まれてしまうのです。 これを見ると少々煩わしい申し込みなどの手続きを経てでも、借り換えをしたほうが得だということがお分かりなのではないでしょうか。

余分な借り入れはNG

ただし借り換えには注意点もあります。それは必ず全額返済に必要な金額のみ借り入れるということです。 いくら可能であったとしても、余分な借り入れまでおこなってしまっては、せっかくのメリットが帳消しになりますので気をつけましょう。

© 2015 はじめてのカードローン!初心者お助けナビ All Rights Reserved.